ナツアカネだけど菊田

探偵の浮気調査を例に挙げても失敗したりするようです。

探偵は浮気調査をよくやっていても、失敗することが全くないとは言えません。

尾行対象がある日突然、車や電車で移動したり、尾行に感づいてしまうこともあるでしょう。

加えて、浮気調査期間中に不倫相手と密会しない場合には証拠入手が困難です。

浮気相手と会っているだろう曜日や時間の手がかりがあれば、調べる時間が少なくて済むので、調査にかかるお金は少なくなります。

といっても、いつ浮気をしているのかを気づいている場合でも、顔見知りにいって写真撮影をお願いすると、ほとんど駄目でしょう。

ひそかに証拠を握りたいときにはプロに任せるのが一番でしょう。

探偵の仕事は依頼された調査を行えばそれだけでいい訳ではありません。

浮気しているかどうかを調査すると、想定の範囲外のトラブルが起きてしまうこともあります。

そんな状況になった時に、依頼者の立場を一番最初に考えてくれる探偵が信じられる探偵と言えるでしょう。

信頼できる探偵の見分け方は、お話を進めるときの印象などで落ち着いて決めてください。

不倫の場合、慰謝料の相場は200万円前後ですが、ケースによっては50万円程度ということもありますし、400万円くらいのケースもあります。

離婚しなくても慰謝料を求めることができますが、その金額は少なくなってしまうでしょう。

また、不倫の相手が不倫を認めない時には証拠が必要とされます。

どの人からみても明らかな不倫の証拠を用意しなくてはいけません。

探偵による浮気調査の結果、しっかりとした確証が得られれば、慰謝料の請求は配偶者と不倫相手双方にすることもできます。

心から信用のできない人間と死ぬまで一緒にいるとなるとストレスは相当なものになりますから、慰謝料を請求し、離婚する決断もありでしょう。

それと、原因となった不倫相手に慰謝料を請求したならば二人が別れることは間違いないでしょう。

着ている服を見て浮気の事実を突き止めることができます。

浮気をすると、目立って現れてくるのは変化していく服装です。

それまではお洒落には興味がなかったのに、突然、服装にこだわりができたら慎重に見ておく必要があるでしょう。

この先、浮気に進展しそうな人や、浮気している人がいるかもしれません。

浮気である証拠をカーナビによりつかめます。

こっそりとカーナビにある履歴を見て、浮気相手と車でデートしたところを見つけられます。

履歴があまり見たことない場所であった場合気を付けなければいけません。

そして、何度も給油されていた場合、デートに車が使われている可能性はゼロではありません。

尾行料金の相場はと言うと、何人の調査員が動くかにもよりますが、1時間あたり1万円から3万円くらいです。

当然のことですが、調査員が1人であれば安く、多くなるほど高くなります。

そして尾行の際、移動のために車やバイクを使った場合、別途交通費、車両費として請求されることがありますので、要確認です。

GPS装置を用い、頻繁に行く場所を調査して、その近所をウロウロしていれば、必ず来るはずなので、不埒な行為を押さえることができるでしょう。

費用のご準備が十分ではないときには、GPSで調べるだけでも、試してみたいやり方です。

ただし、その装置を仕込んだことが知られてしまう恐れもあります。

浮気調査で先ずすべき事は、本当に相手が浮気しているかの調査です。

浮気しているか否かが不明瞭な場合は次の段階に進むことが出来ないので、調査を続行するか否かを改めます。

調査により浮気が確定した場合に、次に、浮気相手の素性を入手する必要があります。

仕事先など、あなたの確認できない場面でのパートナーを調査したり、こちらの存在を悟られぬよう注意をしながら、浮気相手の姿・年齢・氏名などを確認するのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です