歯を抜いたところにも人工歯を装着できて便利なインプラント

手術では他の歯に触れていなくても、インプラントをした後、周囲の自分の歯が浮いたように感じられることがあります。

麻酔をかけて人工歯根を埋め込み、その周辺組織が腫れて熱を持ったため周りの歯も、神経を刺激されて反応したので時間の経過ともに落ち着くのが多いです。

ただし、他の原因で生じることも十分考えられるので、インプラントがなじむまでの間は特に、放っておかずに歯科医にみせることを心がけてください。

インプラントならば、他の人工歯と比べても安定した使用感が得られ、ガムを噛むときに余計な心配がいらないのはまた嬉しいですね。

ブリッジのように、上から人工歯をかぶせているのではなく歯根をあごの骨にしっかり埋め込んでいるので歯が取れる心配をすることなく、安心してガムを噛めます。
ゼファルリン

人工歯の歯根と義歯は、ガムをいくら噛んでも取れないくらいしっかりした構造になっています。

キシリトールガムも、問題なく楽しめます。

新たな歯科医療の形として注目されているインプラント。

その耐用年数は、基本的に一生と説明されることが多いようですが、無論ただ施術すればいいというものではなく、その後のメンテナンスや歯科医の技量にも影響される部分が大きいようです。

毎日欠かさず歯磨きをするなどのケアを怠ると、一生どころか、僅か数年でインプラントが劣化してしまうかもしれません。

口内ケアをおろそかにすると歯槽膿漏などのリスクもあり、こうなるとあごの骨が浸食されてしまう場合もあり、埋め込んでいるインプラントがグラつくなど、耐用年数も左右されてしまうのです。

希望すれば誰でも、インプラント治療を受けられるとは言えず検査の段階で断られることもあります。

でも、断った理由として「あごの骨の強度や厚さが十分でない」だの「あごの骨の幅が足りない」ということならば決してあきらめる必要はありません。

歯科医の腕と設備次第で、従来はできないといわれていた症例でも相当数が治療できるようになってきました。

現状での最先端治療が受けられるよう、できる範囲で探すことが必要です。

せっかくインプラント治療を行ったのに、それから前はしなかった口臭がするようになったということも割と少なくないようです。

そうなる理由として、歯肉とインプラントのパーツの隙間などに詰まった食べカスが磨ききれずに残ってしまったり、インプラント周囲炎と呼ばれる炎症を起こしていることも考えられるので、放置はできません。

自分もそうかも、と思った方は、すぐに歯医者さんに診てもらいましょう。

最近メジャーになってきたインプラントですが、手術を受けるにあたって、多くの方が心配されるのが、術後の腫れではないでしょうか。

この点は、歯科医の技量や、日頃の口内ケアの状態、体調の悪化などにも影響されるので、必ずしもこうなるとは言えず、人と状況によりけりなのです。

担当医の指示通りに痛み止めを服用し、冷やすなどの処置が考えられますが、それを経ても痛みの治まる気配がないときは、すぐに担当医にかかり、診察を受けてください。

混同されることの多いインプラントと差し歯。

何が違うのでしょうか。

差し歯は文字通り、歯に差し込むものです。

つまり、自前の歯根に土台を埋め込み、歯冠部を被せるものです。

そのため、歯そのものを抜いてしまうと、利用することは不可能です。

さて、そこでインプラントですが、これは歯の土台となるあごの骨の中に、フィクスチャーなどと呼ばれる人工の歯根を埋め込み、そうして出来た土台の上に義歯を接続して固定するという技術です。

自前の歯がなくなってしまい、差し歯が利用できない場合でも、義歯を作れるのが、インプラントの利点なのです。

インプラント埋入手術とは、人工歯根を骨の中に埋め込むことなので手術後しばらくの間、患者さんは違和感を感じるといわれています。

腫れが引いた頃には慣れてきますので、違和感を感じてもくれぐれも触らないようひたすら辛抱が大事です。

ただし、術後十日以上経ってもしっくりこないと感じる場合や、痛みが続いていたり、腫れや出血が止まらなかったりする場合、原因を探り、対応していかなくてはなりません。

急患でも診療を受けることが必要です。

これからインプラント治療を受ける方にとって重要なのは、歯科医と、歯科医院の決め方です。

特殊な外科的治療についても技術を要求されるので様々な症例を診てきたなるべく経験豊富な歯科医に治療してもらうように努めてください。

また、できれば必要な費用についてきちんと話してくれる、きちんと感染症対策がなされている、歯やあごの現状、治療についていつでもきちんと説明してくれるなどが後悔しない歯科医選びの決め手となります。

どんな治療でもそうですが、インプラント治療で重要なことはどんな歯科医にかかるかです。

最新の治療を実施できる技術があることは言うまでもなく、手術に至るまでの検査や治療、術後のアフターケアなどの点で歯科医の腕次第で差は大きいと断言できます。

インプラント治療は、特に歯科医ごとの差が大きい治療法だということを理解してください。

手に入る限りのデータを集めて、歯科医を決めることが治療全体の大きな部分を占めます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です