自然に治ることはありませんので、即刻診断を受ける必要があります

人工歯根(インプラント体)を骨の中に埋め込むのがインプラント治療ですが、それによって金属アレルギーを起こすことはまずありません。

人工歯根は外科に使われるボルトやねじと同じ素材が使われています。

チタンの他、セラミック、金といったアレルギーの原因となることはほとんどない素材を使って作られているためです。

健康保険が適用されるインプラント治療はごくまれで、全額自費と考えてください。

経済面でも余計な負担にならないよう、金属アレルギーの患者さんは遅くとも手術の前までに、歯科医に確認しておくとベストだと思います。

入れ歯や差し歯と比べても利点の多いインプラント。

ですが、便利な反面、難点もあるということに気を付けてください。

それは何より、インプラント治療を受けることができないケースもあることです。

後から残念な思いをしないように、事前によく調べてください。

インプラント治療は、顎の骨に人工歯根を埋め込むという方法です。

糖尿病や心臓病を抱えていて免疫力・抵抗力に難のある方や、骨粗しょう症に罹患していたり、顎の骨がなくなったりしている場合にも、インプラント治療を受けられなかったり、準備に時間がかかる場合があることに留意してください。

例外はありますが、インプラント治療は保険は適用されず、全額自己負担の自費診療です。

しかし、医療費控除の対象ではあります。

医療費控除は職場の年末控除の対象ではなく、個人で確定申告をしてすでに収めた税金を取り戻す申告をします。

確定申告で医療費控除を受けたい場合、歯科医を利用したときに必ずもらう領収書が支払いの証拠となるためもらったものはしっかり取っておいて暦年単位で、大事に保管しておきましょう。

無くなった歯をインプラントで補ってからというもの、口の臭いが気になるようになったケースがたまにあるということです。

これでは折角のインプラントが台無しです。

理由としては、歯茎の合間に詰まった食べカスが磨ききれずに残ってしまったり、それに加えて、インプラント周囲炎という歯周病に似た症状を発症している可能性も考えられます。

そのようなケースでは、担当歯科にかかり、早期解決を図ることです。

どこの歯科医院でも、インプラントが適用されるのは、治療の選択肢がそれしかない方に適用されます。

周りの歯が、クラウンやブリッジの支えにはならない、噛み合わせや、噛む力が義歯では得られないなどで必然的にインプラント治療になる患者さんが多くを占めます。

インプラントと入れ歯との違いが気になるところですが、インプラントの場合、より自然な噛み心地を得られるため噛み応えがある分だけ、食事も美味しく感じられます。

手術によってインプラントを埋め込んだ後はしばらくの間、極力安静に過ごさなければなりません。

日常生活では力をかけないように努め、日常生活以上の負荷がかかる運動は当分控えてください。

血行が促進され、出血が続く恐れもあるためです。

日頃から運動をしている方は、いつから再開して良いか、歯科医と確認しておけばベターです。

長い期間と費用をかけたインプラント治療は、治療が終われば後はほっておいて良いわけはなく、アフターケアが寿命を決定します。

毎日丁寧にブラッシングすることによる完璧なプラークコントロールが必要で、自覚症状の有無にかかわらず、歯科医の定期検診を受ける必要はずっと続きます。

インプラント自体は人工歯ですが、ケアが十分でないと歯茎に異常が起こり、歯周病などにかかることはよくあります。

1本から2本の欠損した歯に対して、インプラントもブリッジも適用できますがそもそもインプラント治療とは何かというと、あごの骨に開けた穴にインプラント体と呼ばれる人工歯根を埋め込み、その上に義歯をつけます。
ヴィトックスαの口コミ

それに対し、ブリッジ治療は、義歯を橋桁と考え、両隣の歯を一回り削った後で、上にブリッジをかぶせていきます。

ですから、見た目を考えればどちらかというとインプラントが優位に立ちます。

また、ブリッジ治療は、健康な歯を犠牲にしなければならないという辛さもあるのです。

一般的な規模の歯科医院で、外来診療を受けた特殊な施術を伴わないインプラント治療であったとしてもどうしても院内感染のリスクは伴います。

治療を受ける歯科医院を選ぶときは、院内感染対策をどうしているかきちんと知ることが重要事項の一つになります。

感染症対策は重要な問題なので、その取り組みについてホームページ上で公開している歯科医院もごく普通になっているので、真っ先に見ておきたいところです。

現状では、インプラント治療ができる歯科医院でも、全ての人に治療しているわけではなく失敗の可能性が高いため、治療できないといわれることもあるのです。

ただ、「骨の厚みが足りない」や「あごの骨のサイズが足りず、インプラントを入れられない」であればまだあきらめなくて良いかもしれません。

歯科医の腕と設備次第で、それまでインプラントは適用されなかったケースも相当数が治療できるようになってきました。

よく調べて、最先端の治療が受けられる歯科医院を探すことを勧めます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です