妊活を行っているということは

最近の研究によって、妊娠に重要な栄養素として「葉酸」が知られるようになってきました。

葉酸は、ビタミンのひとつです。

その効果は定期的な摂取の結果、赤ちゃんが先天的な神経系障害を発症してしまう危険性を抑えてくれるというデータが発表されています。

1日に摂る葉酸の推奨される摂取量ですが、厚生労働省によると、一日0.4mgを摂るように通知が出されています。

この数値は受胎直後からの推奨値ですので、受胎直後から赤ちゃんが健やかに成長するように、妊娠している女性はもちろんですが、今妊娠を希望されている方であっても、是非、葉酸を意識して摂取してみてくださいね。

意外に思われるかもしれませんが、妊活中にも亜鉛をしっかりと摂取するようにしましょう。

亜鉛は卵巣の正常な働きに重要な成分で、グレードの高い卵子を成育するために、欠かせない栄養素だという事が報告されているからです。

また、亜鉛の効果は女性に限らず、男性側も、十分に亜鉛を摂取するようにしましょう。

亜鉛は卵巣に働きかけるだけでなく、精子の質を高めることを手助けしてくれるという訳です。

健康な赤ちゃんを授かることの出来るように、夫婦での亜鉛摂取をすすめてみてください。

私が知る限り、妊活の際に一番、重要視する事と言えば、食べ物の事ではないでしょうか。

妊活をしている方ならば、いつでも妊娠する可能性があるわけです。

産婦人科や検査薬で妊娠が分かる以前から、十分な栄養を摂り、受胎後の赤ちゃんが元気に成長できるように備えておきましょう。

特に摂取を意識して欲しい栄養素は葉酸で、妊娠初期の胎児の成長には必要不可欠のものです。

当たり前の事ですが、妊娠検査薬が反応するよりも前から新しい命がおなかの中で成長を始めています。

受胎時に栄養不足などの事態に陥らないよう、妊活をしている方は、なるべく早い段階で十分に葉酸を摂取できているというのが、胎児にとってもママにとっても適切な妊活だと言えますね。

妊婦さんにとって葉酸が大切だという話を耳にすることが増えてきました。

葉酸は胎児の健やかな成長を促すために重要な働きをする栄養素なのですが、もし葉酸が不足してしまった場合、赤ちゃんの成長に、どう影響するのでしょう。

葉酸の摂取によって正常な細胞分裂が促されると言われているため、赤ちゃんに葉酸が欠乏した結果、先天的な障害を発症しやすくなると知られています。

また、葉酸の摂取は、ダウン症予防にも効果があるので、摂取をお勧めします。

葉酸の摂取によって胎児の健やかな成長を促し、先天的な神経管異常の障害を抑える可能性がある事が科学的見地からも認められています。

そのため、母胎のことを考えた葉酸の摂取を厚生労働省が勧告しています。

実際に葉酸サプリや補助食品の充実も、葉酸の効果を裏付けているものだと言えますね。

また、こうした食品の中には特定保健用食品として、妊婦が利用する場合もよく耳にします。

妊婦に様々な効果をもたらしてくれる葉酸ですが、過剰摂取は禁物です。

副作用として体にあらわれる症状としては、例えば、不眠症の症状ですとか、吐き気や食欲不振、または体がむくむといった症状です。

神経質になりがちな妊娠初期では、体のことを気遣うあまりに、葉酸を摂りすぎる場合がありますので、気を付けてください。

葉酸の摂取は、バランスの良い食事で摂ることが理想です。

ですが、どれだけの葉酸を摂取したのか分かりにくい事もあると思います。

そうした場合、おススメなのは、葉酸サプリの活用です。

サプリであれば、一日の摂取量が簡単に管理できますから、推奨される摂取量をちゃんと摂りたい場合には良いですよね。

葉酸とは野菜などに含まれているビタミンBのひとつで、ほうれん草やブロッコリーに多く含有する栄養素として知られています。

葉酸は、妊娠初期に特に重要となる栄養素です。

それは摂取することによって、赤ちゃんが流産してしまったり、あるいは先天的な障害を負ってしまう可能性を避けるなどの、有益な効果が認められているためです。

厚生労働省が推奨するように、妊娠を計画している(予定がある)方や、妊娠初期の女性は400μg(一日当たり)の葉酸を摂ることが良いとされていますので、葉酸のサプリメントで不足分を補給しても良いと思います。

皆さんは普段サプリを利用していますか?サプリは不足しやすい栄養素を手軽に補給できるという利点があります。

妊活中の方をサポートし、栄養補給や体調管理のためのサプリはたくさんの種類がありますね。

選ぶ基準としては、やはり、葉酸を含んだサプリは欠かせません。

葉酸の働きは、赤血球を造ってくれる効果がある為、貧血を予防することが出来ます。

それに、正常な細胞分裂を促すことで、赤ちゃんが先天的な異常を発症するリスクを下げることが出来ます。

それと、精子の染色体異常を軽減する可能性が高いそうです。

夫婦共に多くの効果が見込めるサプリだという事です。

妊娠することによる体の変化と、必要な栄養素の効果を考えた時、妊娠中はもちろん、それ以前の妊活期間からの摂取が望ましい葉酸は、普段の生活を送っていると、十分な摂取が出来なかった、という事もあります。

こうした摂取不足に関する悩みは多くの方が抱えていますが、簡単な解決方法があります。

それがサプリによる葉酸の補給です。

サプリであれば、手間なく葉酸を摂取できますから、普段の食事では、葉酸の摂取が不十分だとお悩みの方も心配する事なく、普段通りの生活を送れます。

以前妊娠した時は、流産と言う形で赤ちゃんを失ってしまいました。

私の場合は、流産から1年くらい経ってようやく、「子供が欲しい、諦めないよう頑張ろう」と決めて妊活について調べるようになりました。

今回の妊活では体づくりにも注意しました。
マカナサプリで妊活

以前から悩まされていた冷え性を克服するように、運動を始めてみました。

大変な時もありましたが、新陳代謝が上がったために、基礎体温があがって、冷え性も良くなったので、本当によかったです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です