サシバの寺門

インプラントについて、簡単に説明すれば歯がまるごと抜けてしまった後で、人工歯根をあごの骨に埋め込んで、その上に義歯をかぶせる人工歯のことです。

歯の欠損には、昔からブリッジや入れ歯が使われてきましたが、インプラントは歯の根元が骨に埋まっているので残った歯と同じような使用感があり、メンテナンスが十分であればかなり長く使えます。

ただし、インプラント治療は完全に保険適用外なので治療費がかかってしまうことも知っておきましょう。

欠損した歯の数が少ない場合、インプラントとブリッジで迷うことがあります。

インプラント治療は、あごの骨を削って穴を開け、そこへ人工歯根を埋め込み、固定されたところで義歯をつけます。

ブリッジ治療では、義歯をつけるために欠損歯の両隣を支柱のように削り、上からブリッジをかぶせるのです。

見た目の問題を考えるとインプラントとブリッジを比較して、インプラントの方が優るというべきでしょう。

メンズクレアランでいちご鼻は本当に改善できるの?評判や口コミを調べてみた!
また、ブリッジ治療は、健康な歯を犠牲にしなければならないという辛い面があります。

インプラントの定着には長い時間がかかりますが、それが終わっても、それで終わりと思って油断するのは禁物です。

義歯を劣化させず長持ちさせるのは、定着後の口内ケアにかかっているといえます。

歯磨きなどの口内ケアを歯科で指導してもらえるので、それを守って、常に歯を綺麗にしましょう。

結局、自分の歯は自分で守らなければならないのです。

その上、インプラントは普通、神経を抜いた歯に施すわけですから、口腔内の異常に自分で気付くことが難しくなります。

ですから、必ず歯医者さんで言われた通りの頻度で検診に通いましょう。

ご存じの通り、インプラント治療は全額自己負担で、ごくまれにしか保険適用されませんが医療費控除の対象なので、ぜひ受けましょう。

確定申告の一項目として、医療費控除は税金の還付を申告します。

確定申告で医療費控除を受けたい場合、歯科医で発行した領収書は医療費を払った唯一の証明ですからもらったものはしっかり取っておいて暦年で申告することになるので、保管しておいてください。

歯茎を切り開いて、あごの骨に穴を開けるといえばどれだけ痛いだろうと心配になると思います。

麻酔技術の進歩で、インプラント埋入手術で痛くて我慢できないことはまずありません。

切り開くあごを中心に、麻酔を十分効かせて手術の本番に入るためです。

手術が終わって麻酔が切れると、場合によっては痛みが出てくるケースもありますが、痛み止めは頓服として処方されますので激しい痛みが長く続くことはあまりありません。

インプラント治療を始める前に、費用を調べておきましょう。

この治療は高額になることを知っておいてください。

健康保険が使えることもまれにありますが、おそらく、相当厳しい条件をクリアしたのでしょう。

普通は治療の全てが自費になるのが負担が大きくなる原因です。

どんなに安い治療を選んでも十数万円、困難な治療が含まれると治療全体で、その数倍の費用が必要になることを覚悟した上で始めなければなりません。

一本のインプラントを入れるのに、どのくらいかかるのかと言われると、インプラント一本当たり30から40万円が相場と言えます。

地域によって異なりますし、どのような治療を行うかによっても違ってきます。

また歯科医の評判によっても治療費は相当変わってくるので、治療をはじめる前に費用の見積もりを出してもらい、できるだけ何カ所か比較した後、治療に取りかかることをすすめます。

ここで重視すべきなのはその歯科医院で治療を受けた方の口コミです。

近頃は、一括払いだけという歯科医院は少なく、多くが分割払いや、クレジットカード払いを導入しており、少しでも治療を受けやすくしています。

インプラント治療では人工物を骨に埋入しますが、それによって金属アレルギーを起こすことはまずありません。

骨に埋入する部分はほとんどチタン製で、その上もセラミックや金などアレルギーをきわめて起こしにくい素材から作られています。

インプラント治療は基本的に保険外治療でその全額が自費になるのが普通です。

ですから、経済的な負担を最低限にするためにも、金属アレルギーの患者さんは手術の前に、歯科医に相談するのが一番良いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です