リュウの寺内

新たな歯科医療の形として注目されているインプラント。

その耐用年数は、普通にしていれば一生物などと言われますが、それは治療が完了した後のメインテナンスの頻度や質、治療を担当した歯科医の腕にも影響されるようです。

毎日欠かさず歯磨きをするなどのケアを怠ると、数年でインプラントが劣化し、また手術を受けなければならなくなります。

ケアを怠ると歯槽膿漏などの罹患の可能性もありますし、そうすると人工歯根の土台となっているアゴの骨も弱ってしまい、埋め込んでいるインプラントがグラつくなど、耐用年数も短くなってしまいます。

インプラントの技術が確立されてきた現在では、インプラント手術を特に専門とする歯科医もおり、トラブルは減りましたが、確率は低いながら、今でも不具合の起こることはあります。
シボヘール人気みたいですね!口コミと評判を購入前に見ときましょう!

酷い場合にはインプラントが固定されず抜けてしまったり、歯がグラついて違和感を覚えるというケースも稀に報告されています。

こうしたトラブルは、担当歯科医がインプラントに習熟していないことが要因となっています。

高い技量を持つ歯科医を選ぶことが大事だといえるでしょう。

代表的なインプラント適用のケースは、周辺の歯に関係なく治療したいといったケースです。

ブリッジ治療を例に取ると、両隣の歯を支えにするため、一回り削る必要がありますが、インプラント治療では、歯根部から人工的に再生するので該当する歯の分だけ治療することになります。

他の歯に影響を与えずに、失った歯を再生したいという希望がある方にはインプラント治療を考えた方が良いですね。

人工歯根(インプラント体)を骨の中に埋め込むのがインプラント治療ですが、インプラントが金属アレルギーで入れられないことはまずありません。

骨に埋入する部分はほとんどチタン製で、その上もセラミックや金などアレルギーの原因となることはほとんどない素材を用いているのです。

ほとんどのインプラント治療は保険がきかず、ほぼ全額自費とみるべきです。

ですから、不安を取り除くためにも、金属アレルギーを持つ患者さんは手術の前に、歯科医に相談するのが不安や誤解がないでしょう。

他の歯科治療と、インプラント治療が大きく異なるのは失敗してもやり直しできないことが多い点です。

入れ歯、ブリッジ、クラウンなどの義歯と異なり人工歯根とあごの骨は、周辺組織で完全に結びつかなくてはならないので時間をかけてもインプラントと骨の間に組織が形成されず、骨とインプラントがしっかり結びつかなければ、同じ穴に再びインプラントを埋入することができず、再手術して、はじめの手術時より、大きく骨を削る羽目になります。

それに、埋入手術の際には埋入部分の周りで、神経を損傷するリスクは避けられません。

1年近くもかけてインプラントを定着させ、やっと歯のある日常が戻ってきたと思っても、それで終わりと思って油断するのは禁物です。

ずっと使い続けられるかは、結局、その後の自分自身の努力にかかっています。

歯磨きなどの口内ケアを歯科で指導してもらえるので、それを守って、常に歯を綺麗にしましょう。

日常的な努力を積み重ねることが大事なのです。

その上、インプラントは普通、神経を抜いた歯に施すわけですから、何か異常が起きていても、なかなか自分では気付けないことがあります。

自分で気付きづらい分、定期的に歯医者さんで検診を受けるようにしましょう。

忘れてはいけないインプラントのメリットとして治療終了後、義歯だと気づく人は本当に少ないという点です。

あごの骨とくっつき、歯茎から生えた人工歯なので、見た目も自然な印象を与えるのでこの歯はインプラントだと自分でいわなければこれは義歯だと思われることもまずないと思って良いでしょう。

自分の歯と変わらない見た目を選ぶ方にはこの治療方法を選ぶべきでしょう。

インプラント治療はどのような流れかというと、3つのハードルを越えなければなりません。

まずは人工歯根をあごの骨に埋め込みます。

あごの骨の中に人工歯根がしっかり定着するのを待ち、歯根と義歯の間をつなぐアタッチメントをつけ、義歯をかぶせれば使用可能です。

というプロセスをたどります。

人工物を骨に埋め込むのですから、組織が歯根の周りにできて骨に定着するまでには時間がかかり、約2ヶ月から6ヶ月見ておかなければなりません。

インプラント治療の開始から、本格的な義歯を入れるまでに要する期間は短くて3ヶ月、長くても10ヶ月くらいだと考えて良いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です