冨永でつっつん

外科手術を受けたわけですから、インプラント埋入手術の後は傷が落ち着くまで、できるだけ安静に過ごさなければなりません。

日常生活では力をかけないように努め、普通の生活を上回る強度の運動はしばらくの間は控えましょう。

傷口に負担がかかるほか、血行が良くなって出血が増える可能性もあります。

負荷のかかる運動を日常的に行っている場合、再開する時期を、歯科医と話し合って共通理解しておくことをすすめます。

最近よく耳にするインプラントは、自分の歯を何らかの原因で失った後、その歯の歯根からあごの骨に埋め込んだ義歯と人工歯根のことです。

ブリッジや入れ歯が使えないケースでも、インプラントならば歯根からあごの骨に埋め込んでいるので強度や使用感が天然歯に近く、メンテナンスが十分であればかなり長く使えます。

インプラント治療には健康保険が全く適用されないので、保険適用の治療より高額になることを覚悟してください。
ファーストクラッシュ|ニキビで悩むお子様をお持ちのお母さま方へ

耐久性の面で、インプラントはどうかというと、長期間の使用例が少ないため定説になっていませんが、定期的なメンテナンスが行われていれば自分の歯と同じくらい保たせることが可能と考えていいようです。

そうだとすれば、セルフケアと歯科医のケアによって長期間トラブルなく使うことも可能ですが、日頃のケアが行き届かないとすぐに歯周病などのトラブルが起きてしまうということを忘れてはいけません。

成功すれば満足感が大きいインプラント治療ですが、それと裏腹のデメリットもあります。

まず、ほとんどの場合、他の歯科治療より費用がかかります。

治療の内容や、インプラントの材質によっては数十万円かかるケースもあるのです。

そして、治療にミスや失敗があると障害が残るような健康被害も起こりうるという重大な問題もあります。

まれな症例として、治療によって死亡したケースもありました。

治療を断念する方もいるくらい、インプラント治療は治療全体を通して、相当な出費になります。

健康保険が使えることもまれにありますが、普通のケースではまず適用されず治療のごく一部しか保険適用にならないのが負担が大きくなる原因です。

どんなに安い治療を選んでも十数万円、難しいケースでは治療全体で、その数倍の費用が必要になることを肝に銘じておかなければなりません。

完全に歯がなくなってしまった部位にも使えるのがインプラントです。

しかし、留意すべき点もあるのです。

最も重要な注意点は、インプラント治療は誰でも受けられるわけではないということです。

これは重要な事実です。

インプラントは、骨に器具を埋め込むという、患者さんの負担も大きい治療です。

抵抗力を弱める病気、例えば糖尿病や心臓の病気に罹患している方や、歯周病などで既に顎の骨が浸食されている方なども、インプラント治療を受けられなかったり、準備に時間がかかるかもしれません。

重要な確認事項として、インプラント治療を始める前にあごの骨の状態を確認し、治療ができるかどうか知ることが大事です。

既往症に歯周病、顎関節症があるとすれば、治療開始前にそちらを治療して、インプラント治療ができるあごの骨を確保するのがとても大事です。

美容整形で、骨を削ってあごのラインを変えた方にもインプラント治療のリスクが増大します。

最新の技術を用いれば、これらの病歴だけで治療不可と決めつけることはできないので歯科医とのコミュニケーションが何より大事です。

喫煙によって、インプラント治療が影響を受ける可能性はかなり大きいというべきでしょう。

インプラント治療の完了までには数ヶ月みるべきですが、インプラントの周りがしっかり固まり、あごの骨と結びつくことがその後の治療に関わる重要な問題です。

組織の形成や血液循環に対し、ニコチンや一酸化炭素などは相当の妨げになります。

この治療ができるだけ早く終わって欲しいと思うなら、思い切って、治療が終わるまでの間はしっかり禁煙するべきでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です